芸能の話題

ラランドさーやは歌もうまい!理由は子供時代?歌ネタも紹介

M-1敗者復活戦やおもしろ荘出演で人気が出始めているラランド。

現在女性でボケ役のさーやさんが可愛いと人気ですが実は歌も超絶うまいことが判明。

今回はラランドさーやさんの歌唱力に迫るべく「ラランドさーやは歌もうまい!理由は子供時代?歌ネタも紹介」と題してお送りします!

ラランドさーやは歌もうまい!

ラランドのさーやさんは「綺麗」「可愛い」と話題ですが実は歌唱力も抜群です。

ネタ中に童謡の「桃太郎」をアレンジして歌ったさーやさんがうますぎると話題になっているのでご覧ください。

▼2014年10月のラランド漫才より

この時さーやさんは18歳!初々しい!

 

ちなみにさーやさんはラッパーのdodo(ドド)さんが好きだと言っており歌い方もdodoさんを意識した歌い方をされています。

▼インスタでさーやさんが歌がアップされていたので紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さーや (ラランド)(@sa__yah)がシェアした投稿

 

▼コチラはnanaという音楽コラボアプリで披露されていた歌です。

 

nanaでは「さーな」という名前で他の曲も披露されているので是非聴いてみてください。

どれも聴き入ってしまう声です。

 

ラランドさーやの歌がうまい理由は子供時代にある?

実はさーやさん子供の頃子役をやっていてサスペンスドラマで女優さんの暗い幼少期を演じたり舞台にも立っていたそうです。

それが直接歌がうまいことに結びつくわけではありませんが、舞台ではしまじろうと一緒に歌って踊ったりした経験があるそうですから歌の練習もしていたのではないでしょうか。

子供の頃から歌の練習をしていたとなれば歌唱力があるのも頷けます。

ちなみにしまじろうのは知る人ぞ知る高倍率の人気公演ですから凄いことです!

 

さーやは子供向け雑誌のモデルでも活躍していた

さらにさーやさんは子供向け雑誌でモンスターズ・インクの女の子役「ブー」として読者モデルをやっていた経歴があります!

さーやさんの面影があって超かわいいですね!

詳細は分かりませんがこういった子役に抜擢されるにはそれなりの教育が必要であることが多いので歌や踊りのレッスンなんかも受けていた可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

ラランドさーやさんのプロフィール紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

さーや (ラランド)(@sa__yah)がシェアした投稿


それではさーやさんのプロフィールを見てみましょう!

芸名 さーや
本名 門倉早彩(かどくら さあや)
生年月日 1995年12月13日(24歳)
役割 ボケ担当
出身 東京都
学歴 上智大学イスパニア語学科卒業
趣味 お笑い、歌を歌う事、エゴサーチ

さーやさんの本名は門倉早彩(かどくら さあや)さんと言います。

東京都出身で上智大学のイスパニア語学科を卒業しています。

イスパニアとは?
イスパニアとはスペインのことです。スペインのことをスペイン語でEspaña(エスパーニャ)と呼ぶことから日本読みでイスパニアと呼ばれています。

 

偏差値65なのでとても頭が良いんですね。

それもそのはず。

さーやさんは小学校から高校までは超勤勉でオール5だったと語っています。

小学校〜高校まで死ぬほど勉強して偉い偉いと言われるガキをやっていました。図書館で勉強して、寄り道せずに帰って、課題やって、オール5とって、何をモチベーションにしてたか今では全く思い出せない当時の私です。

出典:note

ちなみにさーやさんのおばあさんが絵描き師だった影響を受けて中高は美術部だったそうです。

 

高校までは死ぬほど勉強していたというさーやさんですが大学では「今までと違ったことがしたい」という理由でお笑いサークルに入ります。

大学で入ったお笑いサークルはSCS(Sophia Comedy Society)というお笑いサークルで、現在の相方であるニシダさんとはここで知り合いました。

ニシダさんとさーやさんは当時同じ学科の同級生でしたがさーやさんは初めニシダさんのことが大嫌いだったそうです。

しかしお笑いサークルの先輩から「クラスに太った人か外国人がいたら連れて来てくれ」と頼まれ、仕方なくニシダさんに声を掛けたことがラランドを結成するきっかけになりました。

 

そして現在さーやさんは大学を卒業して社会人です。

会社名は公開されていませんが港区の広告会社でOLをしているとのこと。俗に言う「港区OL」ではないですか!

 

ラランドとはどんなコンビ?

 

最後にラランドについて簡単にご紹介します。

ラランドは女性のさーやさんと男性のニシダさんによるアマチュアコンビです。

2014年5月5日結成で、結成当時は2人とも大学生でした。

現在はニシダさんは2度浪人してまだ大学生さーやさんは会社員として週5で働いていて、ラランドとしては土日にライブ出るようなスケジュールでやっているそうです。

ラランドというコンビ名の由来はフランスの天文学者「ジェローム・ラランド」が発見した星「ラランド21185」が由来演劇の「ラ・ラ・ランド」とは全く関係ありません。

 

ラランドが注目を集め始めたのは2019年のM-1グランプリ敗者復活戦でした。

アマチュアで唯一M-1グランプリ2019 準決勝に進出し一目置かれましたがその後の敗者復活戦で披露したこちらのネタが放送されたことで一気に注目されました。

 

現在はどの事務所にも所属しておらず完全にアマチュアとして活動していますが、今後プロに転向する可能性があると本人たちが話しています!

実際にいくつかの事務所から声が掛かっているとのこと。

事務所に入れば本格的にラランドが活動できるようになるので今から楽しみです!

ちなみにさーやさんとニシダさんは尊敬しあってこそいますが男女関係は一切ありません!

 

ラランドさーやさんまとめ

今回はラランドさーやさんにスポットを当てて「ラランドさーやは歌もうまい!理由は子供時代?歌ネタも紹介」と題してお送りしました。

  • さーやさんはラッパーのdodoさんが好きで歌い方を真似ている
  • さーやさんは子供の頃から舞台やドラマの子役をやっていた
  • 相方のニシダさんとは大学のお笑いサークルを通して知り合った仲。だが付き合ってはいない!
  • さーやさんは現役会社員で港区OL

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!