芸能の話題

ティモンディ前田裕太は野球の実力もヤバイ!大学では弁護士を目指していた

ティモンディはボケの高岸さんの印象が強烈ですがツッコミの前田さんも同じ済美高校野球部出身ということで実力が気になります。

今回は「ティモンディ前田裕太の野球の実力は?大学では弁護士を目指していた!」と題して前田さんのプロフィールを基に野球の実力や、弁護士を目指していたという噂を調べてみました!

ティモンディ前田裕太の野球の実力は

ティモンディ前田さんは前述した通り高校野球の名門「済美高校」の出身。

済美高校は日本一練習が厳しいとも言われているので3年間辞めなかったこと自体凄いことなんですが、実力はどの程度なんでしょうか?

前田さんの実力を検証していきます!

ティモンディ前田は済美高校の4番も打っていた

済美高校3年生の夏は1塁コーチャーとしてチームに貢献していましたが、2年生の時からベンチ入りしており一時期は4番を打っていた時期があったようです。

済美高校時代はボケの高岸宏行さんと共に3番・4番を争っていたという話です。

済美高校でベンチ入りすること自体大変なので、この話が本当ならかなりの実力者です。

※このことについては次の項目の動画内でも話が出ています!

ティモンディ前田はとにかくパワーがヤバい

実は前田さんはパワーがヤバいです。

▼高校時代の映像は無いんですが2019年に野球ユーチューバーのクニヨシさんと共演した際の映像がコチラ!!

めちゃめちゃパワーありますね!

特に前田さんは背筋がヤバい!

背筋をギュンッと使う打ち方はオリックスのホームランバッター吉田選手を彷彿させますね!

ポイント
ロングティーはピッチャーが投げた球を打つより打球が飛びにくいので、動画内でサクサク柵越え連発してますが正直ヤバイんですよ?( ゚Д゚)ビックリナンダゼ?

 

なんでこんなにパワーあるのか気になって調べたら驚きの過去が。

なんとスポーツメーカーのゼット(ZETT)が行う「ゼット測定」という筋力測定で、前田さんは高校1年、2年の時に全国1位の記録を出していました!

全国1位ですよ?並みいる高校球児の中で。

そりゃパワーありますよね!

ちなみに前田さんは高校3年時にスクワットで280kgを持ち上げていますが、この記録は当時の高校ウエイトリフティング記録の3位に入る記録でした。

ウエイトリフティングでも全国を狙える筋力だったとは恐るべし。

前田さんは高校を卒業してからは野球やトレーニングを全然していないと言いますがそれでもこのパワーですから高校時代に4番を打っていたというのも頷けますね。

前田さんは相当な野球の実力者だったことが分かりました。

スポンサーリンク

ティモンディ前田裕太は大学で弁護士を目指していた

前田さんは高校を卒業した後、駒澤大学へ進学します。

駒澤大学のあとさらに法科大学に進み、弁護士になるために法律の勉強をしていました。

前田さんは「芸人が弁護士資格を持ったら強みになるかなと思った」と話しています。

そもそも前田さんは頭がいいんですよね。

結局のところ弁護士の資格を取る前に芸人活動に専念するために法科大学を中退していますが、成績は昔からトップクラスだったようなので勉強を続けていたら弁護士資格を取ることはできていたと思います。

弁護士を諦めてまで進んだお笑いの道ですから本気で決めた道のはず。

絶対成功して欲しいと思います。

というか、高岸さんの活躍もあって徐々に成功し始めていますね!

ちなみに今は持ち前の頭脳を活かしてネタ作りは前田さんが行っているようです。

ティモンディ高岸さんもハイスペックなのでこちらでご確認ください!
>>ティモンディ高岸宏行の運動神経がやばい!あの球技で日本代表にも!

 

ティモンディ前田裕太のまとめ

今回は「ティモンディ前田裕太の野球の実力は?大学では弁護士を目指していた!」と題してお送りしました!

今回の調査では、

まとめ
  • 前田さんの野球の実力は本物。特にパワーは半端じゃない!
  • 弁護士を目指していたのは本当。ただし途中で芸人に集中するため大学を中退していた。
  • 頭脳を活かしてネタ作りを担当している。

ボケの高岸さんと言い前田さんと言い経歴凄すぎですね!

ティモンディについてはコンビ名の由来がおもしろいことで有名なので合わせてご覧ください。
>>ティモンディはなぜ済美から芸人に?コンビ名の意味と由来は?

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!