野球

21世紀枠の条件は?選考基準と「いらない」と言われる理由

センバツの「21世紀枠」については毎年この時期になると候補に選ばれる条件選考基準が話題になります。

また、21世紀枠は毎年いらないと言われますがなぜなのでしょうか?

今回は「21世紀枠の条件は?選考基準と「いらない」と言われる理由も」と題して21世紀枠についてお送りします。

21世紀枠の条件と選考基準

21世紀枠は「21世紀になったことをきっかけに多角的に出場校を選ぶための一環」として2000年の第73回の大会から導入されました。

その選考基準について以下のような文言が掲げられています。

「勝敗にこだわらず多角的に出場校を選ぶセンバツ大会の特性を生かし、技能だけではなく高校野球の模範的な姿を実践している学校を基準に沿って選ぶ」

わかりやすく言うと「センバツ大会は勝敗に拘る大会じゃないから、技能だけじゃなく高校野球の模範的な学校を選びましょう」という意味になります。

夏の大会は地区予選の優勝校しか出られませんから、勝ち負けに関係なく模範的な高校を選ぶというその点が夏の大会と大きく違うところですね。

それでは実際にその選考基準の具体的な内容を見ていきましょう。

21世紀枠の条件と選考基準

21世紀枠の選考基準は以下のように定められてます。

(1)秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校が129校以上の都道府県はベスト32以上)が対象。

 

(2)以下の推薦例のいずれかに当てはまる学校。

  1. 少数部員、施設面のハンディ、自然災害など困難な環境の克服
  2. 学業と部活動の両立
  3. 近年の試合成績が良好ながら、強豪校に惜敗するなどして甲子園出場機会に恵まれていない
  4. 創意工夫した練習で成果を上げている
  5. 校内、地域での活動が他の生徒や他校、地域に好影響を与えている。

(1)はそのままですね。各都道府県で秋季大会が行われますがそこでベスト16以上(またはベスト32以上)が対象となるということです。

(2)は少しわかりにくいので補足して説明します。

 

①少数部員、施設面のハンディ、自然災害など困難な環境の克服

これは野球をする環境が不利な場合にそれを乗り越えたということが評価ポイントになります。

過去の例

「9人ギリギリ」「野球ができるほどグランドが広くない」「被災からの復帰」など

 

②学業と部活動の両立

つまり「文武両道」ということですね。野球だけだは無く学業も真剣に取り組んでいるかが評価ポイントです。

 

③近年の試合成績が良好ながら、強豪校に惜敗するなどして甲子園出場機会に恵まれていない

これは「近年惜しいところまでいくけれど甲子園には届いていない」という高校がこれに該当するようです。

しかし「近年」というのがいつからいつを指しているかは不明確で「試合成績が良好」という表現にも曖昧さがあるところは指摘されています。

ポイント

「甲子園に出たことがある高校は対象外」という認識が多いですが、30年以上甲子園から遠ざかっている場合は対象になります。

 

④創意工夫した練習で成果を上げている

どこの高校でも創意工夫はあると思いますが、特に工夫していることが認められると評価されるようです。これも曖昧さが残っていますね。

「野球部専用グラウンドが無く練習内容を工夫した」「野球を座学に取り入れた」など

 

⑤校内、地域での活動が他の生徒や他校、地域に好影響を与えている。

これは主に「地域貢献」が評価されるようです。

校外のごみ拾いや掃除と言ったボランティア活動がよく評価されている印象があります。

 

21世紀枠の候補校はこれらの項目を総合的に見て決められます。

こうして見てみると選考基準に曖昧さが多いと言われる理由がなんとなくわかると思います。

 

スポンサーリンク

 

21世紀枠が「いらない」と言われる理由

「21世紀枠はいらない」と毎年言われますがその理由は主に2つあります。

  1. 21世紀枠の選考方法の曖昧さ
  2. 21世紀枠のチームが弱い

今回はこの2つについて説明していきます。

①21世紀枠の選考方法の曖昧さ

21世紀枠の候補校が前述した選考基準で選出されるわけですが、次に出場校を決めるために”選考会”が行われます。

選考会では候補校の当該都道府県高野連の理事長か専務理事がプレゼンテーション形式で推薦理由を説明します。

その後、質疑応答が行われ21世紀枠特別選考委員会という会議により出場校が決定される流れになっています。

このように出場校が決定される21世紀枠ですが、試合の勝敗とは違って内部の選考会であるため、どうしても透明性に欠けると言われます。

そのため本命と言われた高校が落選したり予想外の高校が当選したりするので選考方法に懐疑的な意見をする人が多いのが現状です。

こういった選考方法の曖昧さ「21世紀枠はいらない」と言われる理由のひとつです。

 

②21世紀枠のチームが弱い

21世紀枠に選ばれたチームは弱いというのが現状にあります。

これは実際にこれまでの21世紀枠で出場したチームの成績です。

68試合19勝51敗 勝率:3割7分3厘

勝率3割台ですので確かに強いとは言えません。

しかし「弱い」と言っても4割近い勝率なので批判されるほど弱いとは言えない気がしますねよね。

実は21世紀枠が取り入れられた”前半”を見てみるとむしろ好成績も目立っていました。

21世紀枠の過去の好成績

2001年には宜野座(沖縄)、2009年には利府(宮城)が共にベスト4入り。

2008年に至っては21世紀枠の安房(千葉)、成章(愛知)、華陵(山口)の3校全てが初戦を勝利するなど好成績を残しました。

ではなぜ「弱くて面白くない」と言われるのかというと”近年の成績”が関係しています。

こちらが過去5年の成績です。

17試合2勝15敗 勝率:1割3分3厘

ここ5年では勝率が1割台。しかもこの内1勝は21世紀枠同士の対戦でした。

つまり、実際に21世紀枠の高校が実力校に勝ったのは1回のみ

近年では試合で大差が付くことも多く、こういった現状から観ているお客さんやファンに「21世紀枠の試合は面白くないと思われるようになってしまいました。

また、あまりもの実力差に「かわいそう」という声も出るようになり「21世紀枠はいらない」と言われるようになりました。

近年では強い高校は徹底した食事管理やトレーニング方法が確立されてきているため、そういった環境にない高校との実力差が昔より生まれやすいのだと考えられます。

 

21世紀枠の条件|選考基準と「いらない」と言われる理由【まとめ】

今回は「21世紀枠の条件は?選考基準と「いらない」と言われる理由も」というテーマでお送りしました。

「いらない」と言われる理由も分かりますが、出場する側は真剣に取り組んだ結果として評価されての出場なので、僕は「出場する意味はある」と思っています!

どんなに点差が離れたとしても、それは彼らの一生の財産になるはずです!頑張って欲しいと思います!

今年は21世紀枠ができてから20年目になる訳ですが、選考基準を見直すきっかけができたらいいなと個人的には思っています。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!